Vitality International - 先駆的アルゴリズムで健康寿命年数を計算



Vitality International - 先駆的アルゴリズムで健康寿命年数を計算

Vitality International - 先駆的アルゴリズムで健康寿命年数を計算

PR Newswire

*研究によると、不健康なライフスタイルに起因する慢性疾患有病率の上昇により、人々が病気に費やす年数が増加中

*専門家は、重要な経済・社会的利益を挙げて、寿命、生活の質とともに、健康寿命、生活の量(余命)に焦点を当てるよう呼び掛け

*VitalityがRAND Europeと共同で行った先駆的アルゴリズムは、個人の健康寿命(健康状態での生存年数)と将来の健康リスクを初めて予測できる

ロンドン, 2021年10月14日 /PRNewswire/ -- Vitalityは13日、世界的な寿命(平均余命)と健康寿命(健康で生きる年数)の間のギャップの拡大を定量化する研究結果を公表した。これは晩年の生活の質の低下を反映するものだ。この研究と並行して、VitalityとRAND Europeは、ライフスタイルの選択が人生の長さと質の両方にどのように影響するかを個人が初めて理解し、健康に生きられる将来の年数を最大化する行動を取れるようにする先駆的アルゴリズムを開発した。研究とアルゴリズムは、基調講演者のユバル・ノア・ハラリ(Yuval Noah Harari)教授とDiscovery / Global VitalityのAdrian Gore最高経営責任者(CEO)が参加するVitalityのグローバル会議で発表され、個人と集団の将来の健康を改善するための解決策について議論が行われた。

Vitality International Logo

この研究は、1990年以来、人々が生涯にわたって健康を害するために費やす年数が8.5年から9.8年に平均15%増えたことを強調している。これは平均寿命の約18%に相当する。この結果は、予防よりも治療を優先する健康戦略と、人々が病気でも長生きできるようにする技術によるものだ。現在、世界は医療提供に8兆5000億ドル、つまりGDPの10%を費やしており、予防に向けられているのはわずか5%である。より予防的な政策と行動変化によって病気の重荷をわずか10%減らすことにより、毎年世界中で最大9300万の健康年数が失われるのを防ぐことができる。

VitalityがRAND Europeと共同で開発した新しいアルゴリズムは、個人の寿命と健康寿命のパーソナライズされた見通し、およびこれらの対策を改善するための特注の推奨事項を、最も共感を呼ぶ方法で提供している。この世界初の個人の健康寿命の公開計算機であるVitality Healthy Futures計算機は、2021年10月12日から期間限定でhttps://vitality.international/ で一般公開される。 

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/1658249/Vitality_International_Logo.jpg

 

 

SOURCE Vitality International


Copyright PR Newswire 2021 PR Newswire. All Rights Reserved.